PR

スパルタ教育からゆとり教育へ――。住宅会社の若手育成法が変わり始めた。すぐに成果を求めず、本人の成長を気長に待ち、教育にかかる投資を惜しまない。残業時間を極力減らし、建て主との折衝は先輩社員が引き受ける。まさに至れり尽くせりだ。そんな若手の姿を見て「俺達が若い頃は」と愚痴を言っても始まらない。徒弟制度や長時間労働は過去の遺物。経営者に必要なのは10年先を見据えた戦略と忍耐力だ。

(イラスト:浅賀 行雄)
(イラスト:浅賀 行雄)
[画像のクリックで拡大表示]

目次

注目6事例 至れり尽くせりの人材育成