PR

どんな用途でも建築は、基本的には人が集まるためにつくられる─。だから、その建築にふさわしい人の集まり方をデザインすることが、建築設計の普遍的なテーマだと著者は言う。条件が厳しく、不自由な建築設計という土俵で、このテーマに挑んできたか。思考の軌跡をつづる。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料