PR

学校の整備に合わせ、小中一体型に変える事例が目立つ。その動きを後押ししようと、文部科学省は小中一貫教育を制度化した。9学年のボリュームと学習環境の変化をどう平面に反映するか。事例から設計のポイントを探る。

(写真:安川 千秋)
(写真:安川 千秋)
[画像のクリックで拡大表示]

9学年を3ゾーンに分け
成長に応じた学習環境

 教育現場ではいま、小学校と中学校の連携を強化する動きが高まっている。異学年交流が進み、進学による子どものストレスを軽減できるなど、その効果が調査で確かめられつつあるからだ。小学校と中学校を一体的な施設にするケースも増え、それに伴い学校は大型化している。

 東京都港区の住宅地で2015年4月に開校した「白金の丘学園」もその1つ。港区立朝日中学校を建て替えるに当たり、近隣にあった同区立の三光小学校と神応小学校を移転させ、3校を統合した公立校だ。

 白金の丘学園は単なる小学校と中学校の合築ではなく、同区立で2校目となる小中一貫教育校でもある。小中一貫教育とは、これまでの小学6年と中学3年の区切りを取り払い、9学年で一貫した教育をすることだ。指導方法やカリキュラムなどが従来と異なり、白金の丘学園では、低学年から4年、3年、2年の単位に分けて教育指導している。