PR

ブリヂストンは、3階から5階建て程度の中低層建物向けの免震部材「高減衰ゴム系積層ゴムX3R」を開発し、9月から販売を開始した〔図1〕。一般に軽い建物では、免震ゴムで建物の固有周期を延ばすのが難しいとされているが、X3Rは同社の従来製品と比べて約2倍の柔らかさを実現したことにより、必要とされる固有周期を確保した。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料