PR

日米など12カ国が交渉を続けてきた環太平洋経済連携協定(TPP)が10月5日、大筋合意に達した。政府調達や関税の縮小・撤廃など全31分野で通商協定を締結する。今後、加盟国は協定批准に向けて国内手続きに取り掛かる。日本では2016年1月からの通常国会で承認手続きに入ることが予想される。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料