PR

歴史的に価値がある建築物を、誰もが納得できるような形で継承していくためにはどうすべきか─。川崎市がこの問題に1つの解を提示した。同市庁舎の建て替えに当たり、庁舎の象徴となっている時計塔を残す「川崎市本庁舎等建替基本計画(案)」を作成。超高層棟の足元に、現庁舎の一部を低層棟として復元〔図1〕。昭和初期の建物の意匠を継承しつつ、市民が集う場として活用することで、保存に対する賛否の落としどころを探った。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)