PR

国土交通省は10月30日、大和ハウス工業が施工した一部住宅の防火ドアまたは防火サッシについて、建築基準法違反があったと発表した。大臣認定の仕様と異なる仕様で施工されていることが判明した。不適合施工がある住宅は、賃貸住宅1193棟、戸建て11棟の計1204棟に上る。国交省は1204棟について、関係する特定行政庁に認定仕様への適合性に関する調査を依頼した。同社は今後、該当する住宅に文書などで報告し、改修工事を行う予定だ。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料