PR

曲線を用いた大胆な建築で世界的に著名な英国の建築家ザハ・ハディド氏が3月31日、心臓発作のため米国フロリダ州で死去した。享年65歳。2012年の新国立競技場基本構想国際デザイン競技で、同氏の案が最優秀賞に選ばれ、日本でも広く知られることとなった。その後「ザハ案」は、費用やデザインが国民的な議論となり、15年7月に白紙撤回された。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する