PR

完成した建築が社会から受け入れられるか─。槇文彦氏が設計を始めて以来、最重視してきたことだ。新国立競技場についてもその観点から、「五輪開催後、皆が日常的に楽しめる施設にならない」と問題点を指摘する。建築家は都市に対して常に関心を持つべきだと唱え、その場所らしい建築の姿を今も模索し続ける。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する