PR

静岡県は「日本平山頂シンボル施設建築工事設計業務」の公募型プロポーザルを行い、隈研吾建築都市設計事務所を最優秀者に選んだ。県が3月17日に発表した。同プロポーザルは、2015年に静岡県のプロジェクトで相次いで設計変更が生じたことを受け、設計側にもコスト管理責任があることを応募条件で強調したことから注目されていた。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する