PR

熊本地震から約2カ月。行政の罹災(りさい)証明で「全壊」や「半壊」とされ、解体工事に踏み切る被災者が増え始めた。しかし、愛着のある建物を使い続けたいという人も少なくない。特に「半壊」認定には、所有者が判断に迷うケースが多い。半壊ビルを救うヒントとして、東日本大震災の罹災証明で半壊とされた建物を再生した例を紹介する。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する