PR

松岡雄也(53歳)は、絵の鑑賞というよりは、自分の仕事をちょっと自慢したいという思いで、美術館内を歩いていた。松岡は大手建設会社、青陵建設の構造設計部門に勤めている。「鳴上(なるかみ)現代美術館」は、彼が構造設計のチーフを担当した建物で、3カ月前の2025年4月にオープンしたばかりだった。この日は台風に伴う前線が近づいていて悪天候だったが、ほかに2人の都合がつく日も無く、予定を決行したのだった。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する