PR

ETFE(熱可塑性フッ素樹脂)フィルムを屋根の構造材として大規模に使った国内初の建築の建設が進んでいる。2016年12月オープン予定の「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」(東京都江東区)だ。東京ガス用地開発と東京建物、太陽工業が発注した。アーチ状の木製フレームを並べてETFEを張ったトンネル状の建物で、長さは108mに及ぶ。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)