PR

横浜市の分譲マンション「パークシティLaLa横浜」に基礎杭の施工不良が見つかった問題で、市は建築基準法に違反していることを特定した。市建築局建築指導部によると、建物の一部の柱や梁が耐力不足であり、震度5強程度の中規模の地震でひびが入る恐れがある。構造耐力を規定する建築基準法20条と、基礎の構造などを規定する建築基準法施行令38条に違反しているとして、市は販売主の三井不動産レジデンシャル(以下、三井不レジ)と元請けの三井住友建設に文書で是正勧告を出した。8月26日に発表した。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い