PR

新日本空調は天井から吊り下げた設備機器を制振補強できる「柔(にゅー)ワイヤ工法」を開発した。地震時の設備機器の落下リスクを軽減するだけでなく、施工手間を抑えられる。開発には日栄インテック(東京都荒川区)と東京工芸大学工学部の水谷国男教授の協力を得た。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い