PR

住戸内外の境目に着目し、空間をつなげて住戸を外に「開く」。そのうえで緩衝帯の設置や視線の制御でプライバシーを「守る」。開いて守るには、過度な視線を排除しつつ住民同士の気配を感じさせる設計が欠かせない。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い