PR

この機会に、耐火木造に挑もう──。少し前までは、耐火要件を下げる設計を探る傾向が目立ったが、最近は、あえて高いハードルにチャレンジするケースが増えてきた。中大規模木造という新領域では、今からでも「第一人者」となるのに遅くはない。ここで取り上げる4つの事例も、各設計者にとって初めてとなる耐火・準耐火の木造だ。その試行錯誤のプロセスに、次なるチャレンジのヒントを学ぼう。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い