PR

柱梁で組む軸組み木造に、CLTの壁や床を組み合わせた準耐火建築物だ。CLTの新しい使い方として、柱の防火被覆と耐力壁、さらに仕上げを兼ねる方法を提案。防火の区画や内装制限の緩和規定も活用している。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い