PR

第2回は、宮城県の仙台市から石巻市に点在する東日本大震災の復興建築を巡る。旅のガイドは、東北工業大学で教鞭も執る建築家の福屋粧子さんだ。福屋さんは個人として、研究室として、さらに東日本大震災における建築家たちの復興支援ネットワーク「アーキエイド」のメンバーとして、復興支援に尽力してきた。そんな彼女に、震災から5年たった現在の被災地を案内してもらった。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い