PR

豪雨などによる水害時に建物内部への浸水を防ぐ防水シャッター。最大浸水高さを2mから2.5mに引き上げ、対応する設置環境の範囲を広げた。操作が簡単で、シャッターを閉鎖後、補強中柱を立てて、ボタン操作により防水状態とする仕組み。価格は従来品と同程度。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い