PR

2000年の建築基準法改正で従来の仕様規定から性能規定へと移行し、法令の面からいえば、木造だからつくれない建築物はない、ことになった。近年は、「都市木造」なる言葉もにわかに登場して、木造の超高層ビルが本当にできたら面白いのに、と想像してみる。が、多分それは実現しても、ファサードが下見板張りの53階建て、とかにはならないんだろう。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い