PR

2020年東京五輪のメーンスタジアムとなる新国立競技場をめぐり、日本スポーツ振興センター(JSC)は10月4日、工事に関する契約である第II期事業契約を、大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所JVと締結した。11月までに実施設計を完了し、12月上旬には本体工事に着手する予定だ。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い