PR

国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会の諮問機関であるイコモスが、出雲大社(島根県出雲市)が進める「庁の舎(ちょうのや)」の解体計画に対して「危機遺産警告」を発令。計画の中止と修繕・保存を検討するよう求めた。国内の建造物に同警告が発令されたのは初めてだ。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い