PR

「コンクリート強度が公的基準に達していないため、耐震補強したと判断できない」─。大阪府泉大津市立上條小学校3号館で、2010年に実施した耐震補強の妥当性が府に認められず、閉鎖を余儀なくされる事態が起こっている。13年11月施行の改正耐震改修促進法で義務付けられた耐震診断結果の報告で問題が表面化。市は保護者に説明し、16年10月に校舎を閉鎖した。耐震補強の事業費は約3300万円だ。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い