PR

築2年に満たない施設なのに、震度4で天井板が損傷─。熊本地震で被災した佐賀県鳥栖市の公共施設、鳥栖市学校給食センターの天井被害を巡り、市が設置した第三者による被災検証委員会が調査結果をまとめ、6月16日に市長へ報告した。検証委は、設計・施工者の「過失はなし」としたうえで、瑕疵担保責任があるとして施工者に補修を求めるのが相当と結論付けた。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)