PR

熊本地震からの復興の加速を目指し、熊本県益城(ましき)町にある熊本空港の民営化に向けた動きが本格化する。国土交通省は、熊本空港の運営委託に関する民間投資意向調査を開始した。公表した基本スキーム(枠組み)案では、事業期間を48年間とし、熊本地震で被災したターミナルビルの建て替えから運営までを運営権者に委託するとした。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い