PR

60代夫妻の終(つい)の住処(すみか)として設計された。それぞれの個室と共有の空間を交互に連ね、互いの存在を感じられつつ、個々の生活の独立性を高めた。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い