PR

村野藤吾の建築家としての矜持として「社会的芸術としての建築」という考えがある。村野は民間のプロジェクトが多かったせいか、私の少し上の世代の建築家たちからは「商業的な建築家である」との指摘を受けることも多い。確かに村野は商業建築が抜群にうまかった。しかし村野は商業建築から社会を語っていくような建築家だった。村野にとっての社会とは、人間の消費の欲望を飲み込んだ大きなものだったに違いない。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)