PR

昨年秋、東日本大震災直後から5年ぶりに、復興を目指す三陸海岸を訪れた。唐桑半島から気仙沼、陸前高田を回りながら、地元の方々に災害危険区域の防潮堤の有無について、気の遠くなるような合意形成までの話や、復興の現状など、聞けば聞くほど多くの矛盾にやるせない気持ちになった。7mや14mの圧倒的なスケールの防潮堤を前に、アクリルの窓越しに見える三陸の海に人は何を思うのだろうか……。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い