PR

2016年12月22日、新潟県糸魚川市の中心街を約4万m2焼失させた大火は記憶に新しい。被害調査や実証実験から、延焼が拡大した一因は、昭和8年(1933年)に建てられた木造建築の瓦ぶきであることが分かった。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料