PR

プロポーザルで落選したのは、審査の席で市職員が述べた間違った説明のせいだ──。設計者が自治体を訴えた事件で、裁判所は自治体の責任を認め、市に国家賠償法に基づく慰謝料支払いを命じた。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料