PR

顧客の相談を受けた設計者からの依頼で、敷地などの不動産を探す不動産仲介会社が目立ち始めた。顧客の要望に合う不動産を見つければ設計者は設計業務を受注。仲介会社は仲介手数料を得られる。敷地などを探す段階から設計者が関わることで、より質の高い住宅を取得できるメリットが顧客にもある。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い