PR

住宅宿泊事業法、いわゆる「民泊新法」の具体的な運用ルールが見えてきた。国土交通省と厚生労働省は9月21日、新法の施行に向け、政省令案の概要を公表した。自治体が定める民泊を規制する条例の基準、住宅宿泊事業者の届け出方法、届け出住宅に必要な措置などを定める。政省令は10月中に公布する予定で、法施行日と同時に施行する。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料