PR

木造を耐火建築物とするには、火源から木部を離して着火しないようにする「耐火性能検証」と呼ぶ手法が使える。体育館の屋根などを木造とする際に有効だ。また内装は「避難安全検証」で木質化できる。(日経アーキテクチュア)

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料