PR

バブル経済崩壊を経て下火となったロボット開発に、建設会社各社が再び注力し始めた。人手不足が顕著な工種を中心に、重労働となる作業や、現場内の清掃・運搬など高度な技能を必要としない作業での活用が目立つ。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い