PR

既存住宅の省エネ化で何から手をつけるか──。松尾設計室の松尾和也代表は、「まずは高効率給湯器への交換」と説く。ほかにも、浴室、窓回りなど、費用対効果が大きい項目を中心に解説する。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料