PR

京都府と亀岡市が進める専用球技場「京都スタジアム(仮称)」の整備事業は違法だとして、周辺住民ら97人が9月20日、市を相手取り、工事費などの公金支出差し止めを求めて京都地方裁判所に提訴した。これに先立つ8月31日付で、住民ら14人が府を相手取る同様の訴訟を起こしている。2つの裁判で、原告側は費用対効果の検証が不十分であるなどと主張している。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い