PR

保育所などの採光規定が緩和される。国土交通省は10月23日に公表した告示の改正案で、一定の条件下で開口部の算入条件を緩和することなどを提示した。既存建築物の保育所への転用を促し、待機児童対策につなげることが狙い。告示の公布日は2017年12月から18年1月ごろを予定しており、同日に施行する。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い