PR

フィールドと観客席が近く、臨場感のある球技専用スタジアムに─。2019年11月の竣工を目指して工事が進む新国立競技場が、五輪後に目指す姿だ。政府は11月13日の関係閣僚会議で、文部科学省を中心とする「大会後の運営管理に関する検討ワーキングチーム」がまとめた基本方針を了承した。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い