PR

今号で、建築基準法における「38条認定」の復活が伝統的構法再現の助けとなった事例を紹介しました。遺構発掘など研究の蓄積によって、文化的に意義のある復元建築が可能になります。着工したばかりの南門は、完成まで5年ほどかかりますが、素屋根越しに工事の様子を見ることができます。旧38条認定建物の増改築が難しい点は変わりありませんが、今後も法改正や条例整備の方針に着目し、ポイントをお伝えしていきたいと思います。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)