PR

観光客数が急増する一方で、“違法民泊”に悩まされてきた京都市が独自の民泊ルール案を打ち出した。2018年6月に住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行されると、実質的に民泊解禁となる。規制緩和による民泊ビジネスへの期待が高まるなか、京都市の独自ルール案は、住居専用地域で営業日数を年間約60日間までしか認めないなど、厳しい規制の内容となりそうだ。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料

  日経電子版セットだと日経クロステックが月々650円お得

詳しくは日経クロステック有料会員お申し込みのページで。


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料