東京でフランス語を学ぶ学校として、アンスティチュ・フランセ東京(旧東京日仏学院)と双璧を成すのが、アテネ・フランセだ。東京帝国大学の講師だったフランス人、ジョゼフ・コットが1913年に創設、フランス語のほか古典ギリシャ語、ラテン語、英語も教える。また付属するアテネ・フランセ文化センターでは、映画の上映を行っている。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い

お薦めの有料会員向け記事