PR

スタジアムやアリーナを核とした街づくりの動きが各地で相次ぐ。政府は地域活性化の一環として「スタジアム・アリーナ改革」を掲げ、大規模なスタジアムの整備を後押しする。街なか立地で機能を複合し、365日稼ぐ──。ハコモノから脱却し、来場者を魅了する新しいスタジアムの姿とは。スポーツ先進国の米国の最新事例リポートに加え、国内の動向を探った。カギとなるのは、「観る」体験のデザインだ。

2017年8月、米国・アトランタで開業した「メルセデス・ベンツ・スタジアム」。米国でも屈指のハイテクスタジアムだ。来場者を魅了する場づくりで、新たな観光地となっている。さらに、周辺ではホテル開発や公園整備なども進む(撮影:日経アーキテクチュア)
2017年8月、米国・アトランタで開業した「メルセデス・ベンツ・スタジアム」。米国でも屈指のハイテクスタジアムだ。来場者を魅了する場づくりで、新たな観光地となっている。さらに、周辺ではホテル開発や公園整備なども進む(撮影:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

目次

米国ルポ

国内事例

動向