PR

 1970年代に都市環境工学の分野を切り開いた尾島俊雄・早稲田大学名誉教授。修士時代から設計事務所を構えて実務に携わり、博士課程時には師・井上宇市氏の下、国立代々木競技場の設備計画を担当。1970年の大阪万博で日本初の本格的な地域冷房を導入し、その分野の先駆者となった。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料