PR

 東日本大震災で被災した釜石市民会館に代わり、市街地の中心に2017年末、釜石市民ホールが完成した。街から内部の活動が見えるよう、練習スタジオやギャラリー、小ホールを外側に配置した。可動式の客席を奥へ収納し、建具を開放すれば、ホールから広場まで貫く平土間空間が現れる。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料