PR

 集合住宅の各住戸の入り口に面して、仕事ができるスタジオを設けることで、外部に開かれた境界をつくる。南側の深い庇と植栽のルーバー、断熱性能の高い開口部などで、環境にも配慮しながら心地よく開くことが特徴だ。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料