PR

 21部屋のシェアハウスが違和感なく街に受け入れられるように、個室を雁行配置にした。それに合わせて屋根も分割し、居住性を高めている。壁も屋根も凹凸のある外観は、小さな住宅が集合したように見える。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い