ロンドン五輪施設の設計に携わった山嵜一也氏が韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪の舞台裏を視察した。注目したのは開閉式会場の五輪スタジアム。自らの体験を踏まえ、「五輪レガシー」としての仮設競技場の在り方を説く。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!