PR

 四隅が曲面になった角形鋼管柱(コラム)の継ぎ手部分を、レールに取り付けた2台のロボットが一定の速度で動きながら溶接していく。直線部から曲部に移ると速度を変え、直線部でまた元に戻る。この間、トーチ(先端器具)の角度は一定だ〔写真1〕。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料