PR

現在の技術や常識では不可能な一歩先の未来を見せる。アートにはそんな役割がある。テクノロジーアートの旗手たちが今、建築・都市分野と急接近し、デジタル技術の駆使によって新たな次元を切り開こうとしている。

 「メディアアートにしかできない表現で一歩進んだビジョンを示し、そこに現実がついてくる状況をつくりたい」。デジタル技術を駆使して数々の広告・宣伝プロジェクトやメディアアート作品を手掛けてきたプロダクション、ライゾマティクス(東京都渋谷区)の齋藤精一代表取締役は、こう語る。

 共同設立者の真鍋大度氏がリオ五輪の閉会式やテクノポップユニット「Perfume(パフューム)」のライブの技術演出に関わるなど、メディアアートの魅力を全国に知らせるきっかけをつくったのが同社だ。創立10年目の2016年には、組織をリサーチ、デザイン、アーキテクチャーの3部門体制とし、建築的な考え方を持ち込むプロジェクトにも注力を始めた。東京理科大学とコロンビア大学で建築を学んだ齋藤代表が、これをけん引。4月25日から開催中の六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展「建築の日本展」にはレーザーファイバーを用いたインスタレーションを出展している〔写真1〕。

〔写真1〕名建築を実寸で「再現」
(資料:ライゾマティクス、写真:日経アーキテクチュア)
(資料:ライゾマティクス、写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
(資料:ライゾマティクス、写真:日経アーキテクチュア)
(資料:ライゾマティクス、写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
ライゾマティクスは、六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展「建築の日本展」に、桂離宮、中銀カプセルタワーなどの一部をレーザーファイバーを使って実寸で表現する作品を出展。写真は湾岸のスタジオにおける模型実験の様子。2番目は作品イメージ。会期は4月25日から9月17日まで(資料:ライゾマティクス、写真:日経アーキテクチュア)
ライゾマティクスは、六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展「建築の日本展」に、桂離宮、中銀カプセルタワーなどの一部をレーザーファイバーを使って実寸で表現する作品を出展。写真は湾岸のスタジオにおける模型実験の様子。2番目は作品イメージ。会期は4月25日から9月17日まで(資料:ライゾマティクス、写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
Rhizomatiks(ライゾマティクス)
インタラクティブデザイン、ウェブデザインなど

 東京理科大学出身の齋藤精一(建築学科)、千葉秀憲(数学科)、真鍋大度(同)の3氏が中心となり、2006年に設立した。広告・宣伝、舞台などの分野から始め、やがてメディアアートの担い手として、パリ・コレクション、ミラノ国際博覧会、国内外のアーティストのライブ公演などに関わるようになる。

 その作品と建築空間の融合に関しては、17年4月開業の複合施設「渋谷キャスト」の常設インスタレーション「Axyz(アクシズ)」が話題になった〔写真2〕。貫通通路に大小18台のディスプレーとマルチサウンドシステムを設置し、通行者と空間の対話を生み出す。映像と音像は、時刻、天候、太陽電池の発電量などの状況をリアルタイムに取り込みながら3次元的に移り変わる。アーキテクチャー部門が企画・プロデュースを担った。

〔写真2〕「空間」づくりに踏み込む
「Axyz」(渋谷キャスト)。担当:企画・プロデュース、建築設計:日本設計・大成建設JV(写真:ライゾマティクス)
「Axyz」(渋谷キャスト)。担当:企画・プロデュース、建築設計:日本設計・大成建設JV(写真:ライゾマティクス)
[画像のクリックで拡大表示]
テクノロジーアート展「Media Ambition Tokyo 2016」に出展した「SPACE EXPERIMENT」。空間と身体の関係性、空間とメディアの関係性などをテーマとする(写真:YAMAGUCHI KENICHI(RRD))
テクノロジーアート展「Media Ambition Tokyo 2016」に出展した「SPACE EXPERIMENT」。空間と身体の関係性、空間とメディアの関係性などをテーマとする(写真:YAMAGUCHI KENICHI(RRD))
[画像のクリックで拡大表示]
WOW(ワウ)
インタラクティブインスタレーション、モーショングラフィックスなど

 東京、仙台、ロンドンに拠点を置き、2017年に創立20周年を迎えている。ビジュアルデザインスタジオと称し、広告用の映像表現や様々な展示スペース用のインスタレーション映像、メーカーと共同で開発するユーザーインターフェースのデザインなど幅広い分野で活動してきた。16年開館の地域交流センター「はこだてみらい館」(キラリス函館内)を“初の建築プロジェクト”とうたう〔写真3〕。総合プロデュースのソニーPCL、内装設計のトラフ建築設計事務所などと協働し、施設のコンセプト構築から関わった。

〔写真3〕施設づくりに総合的に携わる
〔写真3〕施設づくりに総合的に携わる
はこだてみらい館。幅14m×高さ3mの巨大LEDディスプレイ「Media Wall」用のコンテンツ制作を担当した以外に、施設づくりに総合的に携わった。担当:映像・インタラクティブ演出(常設)、総合プロデュース:ソニーPCL、内装設計:トラフ建築設計事務所(写真:ソニーPCL)
[画像のクリックで拡大表示]